2015.03.20

アーセナルと延長交渉難航のウォルコット、リヴァプールが獲得検討か

ウォルコット
17日のCLモナコ戦に出場したウォルコット [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 リヴァプールが、アーセナルに所属するイングランド代表FWセオ・ウォルコットの獲得を検討していると、イギリス紙『デイリーミラー』が19日に報じた。

 ウォルコットは、アーセナルとの契約期間が来シーズン末の2016年6月までに迫っているが、延長は行われていない。同紙によると、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督も交渉が難航していると認めている。

 リヴァプールは、ブレンダン・ロジャーズ監督がウォルコット獲得を希望。同選手がアーセナルと交渉破談となる可能性もあるため、獲得に向けて動いているという。リヴァプールは、2013年1月にもウォルコットの獲得を打診したが、当時、同選手はアーセナルとの契約延長を選んでいた。

 また同紙は、リヴァプール所属のイングランド代表MFラヒーム・スターリングの契約延長が未だに行われておらず、そのことがウォルコット獲得を視野に入れている要因だと伝えている。

 現在26歳のウォルコットは、負傷の影響もあり、レギュラーを確保できておらず、今シーズンのプレミアリーグでは8試合の出場にとどまっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る