2015.03.17

モイーズ監督がジェラードに興味…MLSのオフ期間に獲得か

ジェラード
今季限りでリヴァプールを退団するジェラード(右) [写真]=Getty Images

 レアル・ソシエダが、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のオフシーズン中に、元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードの獲得に動く可能性が浮上した。イギリス紙『デイリーメール』の内容を、スペイン紙『マルカ』が伝えた。

 リヴァプールのキャプテンとして活躍してきたジェラードは、今シーズン終了後にロサンゼルス・ギャラクシーに加入する予定。同選手に関して、レアル・ソシエダを率いるデイヴィッド・モイーズ監督は、MLSのオフシーズンを利用し、レンタルでの獲得を考えていると報じられた。

 なお、ジェラードに関しては、セルティックも同様の形で獲得を画策している模様。すでにオファーを出す準備を進めていると一部で噂されている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る