2015.03.17

モウリーニョの息子、セスク批判するチェルシーサポを「最悪」と非難

ホセ・マリオ
リーグ杯優勝を祝うモウリーニョ監督の息子(左下)[写真]=Getty Images

 ジョゼ・モウリーニョ監督の息子が、チェルシーのサポーターを非難し、騒ぎになっていると16日、イギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 チェルシーは、15日に行われたプレミアリーグ第29節で日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦。1-1で引き分け、スペイン代表MFセスク・ファブレガスがチェルシーのサポーターからブーイングを受けていた。

 モウリーニョ監督の息子である15歳のジョゼ・マリオは、サポーターのこの行為を非難。自身のインスタグラムで「ファブレガスは期待に応えるようなプレーじゃなかったかもしれない。でも、少なくとも彼は全力を尽くし、気迫を見せていた」と擁護すると、「僕は今までもチェルシーの良くないサポーターを多く見てきた。でも日曜日は全くチャントを歌わず、たたブーイングするだけで、僕がこれまで見た中で最悪だったよ。僕らのファンは恥だ!!!!」と投稿している。

 最初は自身の投稿に対する反論に応えていたホセ・マリオだったが、現在はすでにアカウントを削除している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る