2015.03.16

PK獲得を確信するも抗議しなかったサバレタ「判定を尊重したい」

サバレタ
敗戦に肩を落とすサバレタ(左) [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第29節が14日に行われ、マンチェスター・Cはバーンリーと対戦し、0-1で敗れた。チームに所属するアルゼンチン代表DFパブロ・サバレタが、16日付のイギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』のインタビューに応えている。

 同試合の後半アディショナルタイム、ペナルティエリア内へ侵入したサバレタに対し、バーンリーのDFベン・ミーがスライディングタックルをしていた。ミーの足はボールに触れることなくサバレタと接触したものの、レフェリーの判定はノーファール。この判定に対しマンチェスター・Cにの選手たちが抗議をしていたが、サバレタはそこに加わっていなかった。

 サバレタは「確かに審判には何も言ってないよ。チェルシーの選手たちがイブラヒモヴィッチのファールに抗議したことが最近話題になったけど、イングランドの人たちはああいうのが好きじゃないんだ。僕は審判の決定を尊重しようと努めているんだ」と、チェルシーの抗議をパリSGに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが「赤ん坊のようだ」と発言していたことを例にとり、理由を説明した。

 一方で「あれはPKだったね。最低でも勝ち点1を確保するチャンスだった。試合の終盤だったのは確かだけど、それで同点にしていれば逆転のチャンスだって訪れていたはずだ。だからとてもガッカリだね」と、悔しさを露わにしている。

 さらに、そのシーンで相手にフリーキックが与えられたことについて、同選手は「なんでかわからない。まず第1にあれはPKだったと思う。でも、もしそうでなかったとして、僕のシミュレーションで相手ボールのフリーキックになるのなら、僕にイエローカードが提示されるはずじゃないか。ちょっとおかしいよ」と語り、判定に対する不満を隠し切れなかった。

 マンチェスター・Cは18日に、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、バルセロナと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る