2015.03.11

マンCに不協和音…ハーフタイムに主将のコンパニが同僚と大喧嘩か

コンパニ
レスター戦をベンチから見守るコンパニ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cの主将を務めるベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが、チームメートであるブラジル代表MFフェルナンジーニョと、ロッカールームで激しく言い争っていたことが明らかになった。10日付のイギリス紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 同紙によると、口論が起きたのは1日に行われたプレミアリーグ第27節リヴァプール戦の、1-1で迎えたハーフタイムだった。コンパニは前半に失点の起点となるミスをしており、ロッカールームに入った直後にフェルナンジーニョが注意を促したという。

 これに対しコンパニは激しく言い返したものの、ブラジル人のフェルナンジーニョはこれを理解できなかった。さらに、チームを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督が、同僚の意見には耳を傾けるようコンパニに助言したところ、同選手はさらに激昂したと伝えられている。

 なお、マンチェスター・Cは後半、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョのゴールによってリードを許し、1-2で破れていた。この口論が原因かは不明だが、結果として3日後に行われたプレミアリーグ第28節のレスター戦で、両選手が出場することはなかった。

 マンチェスター・Cは14日に行われるプレミアリーグ第29節で、バーンリーと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る