2015.03.11

構想外?週給4500万円のFWファルカオがU-21の試合に出場

ファルカオ
U-21トッテナム戦に出場したファルカオ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが、10日に行われたU-21プレミアリーグ、トッテナム戦で先発出場していたことが話題となっている。同日付のイギリス紙『デイリー・メール』が報じた。

 U-21プレミアリーグは、イングランドのクラブによる育成リーグで、その名の通り21歳以下の選手によってチームが構成されるが、年齢制限のないオーバーエイジ枠で3選手まで出場することが可能。

 ルール上ファルカオが出場することも可能ではあるが、週給25万ポンド(約4500万円)の同選手がこの育成リーグに出場したことにより、注目を集めた。同紙によると、この大会にトップチームの選手が出場するのは、負傷による離脱からの“試運転”の場合が多いが、ファルカオは11月にけがから復帰して以降、特にアクシデントなく過ごしているという。

 同選手は、前日に行われたFAカップ準々決勝のアーセナル戦でベンチ入りするも、出場がなかった。マンチェスター・Uは、高額の給料の他にも600万ポンド(約11億円)のレンタル料を前所属のモナコに支払っており、大金をつぎ込んだストライカーが4ゴールしか挙げられていないことは、クラブにとって大きな痛手となっている。

 なお、他のオーバーエイジ選手としては、現在33歳の元スペイン代表GKビクトル・バルデスと24歳のDFラファエウ・ダ・シウヴァも同試合に出場。試合はトッテナムが先制するも、ラファエウのゴールでマンチェスター・Uが引き分けに持ち込んでいる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る