2015.03.10

FA杯敗退で落胆するマンU主将ルーニー「受け入れるのは難しい」

ルーニー
FA杯アーセナル戦に出場したルーニー [写真]=Getty Images

 FAカップ準々決勝が9日に行われマンチェスター・Uはアーセナルと対戦し1-2で敗戦。FAカップ敗退決定後、マンチェスター・Uのキャプテンを務めるイングランド代表FWウェイン・ルーニーは、「受け入れ難い結果」と気を落とした。クラブ公式サイトが同選手のコメントを10日に伝えている。

 スペイン人DFナチョ・モンレアルに先制点を許してから数分後、ルーニーのダイビングヘッドにより同点に追いついたマンチェスター・Uだったが、後半にエクアドル代表MFアントニオ・バレンシアの不用意なバックパスをイングランド代表FWダニー・ウェルベックに奪われ、決勝点を決められた。

 さらにアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが審判の判定に抗議した結果、2枚目のイエローカードで退場処分となるなど、マンチェスター・Uにとって逆風となる事態が続き、望んだ結果を得られなかった。だがルーニーは、プレミアリーグに気持ちを切り替える必要があると強く主張。15日に行われる第29節のトッテナム戦に向け、クラブ公式チャンネル『MUTV』のインタビューで次のように答えた。

「とても落胆している。同点に追いついて前半を終えられて、十分なチャンスを作れたと感じた。勝てるとも感じていた。ただ、そういう結果にならなかった。後半、先に点を取られたことからもわかるように、今日は常に後手に回ってしまった。相手に難しい試合にさせられたし、相手の守備も良かった」

「とても競った試合だった。どっちが勝っていても不思議ではない試合だったと思う。ミスは起こるもの。でも、失点に繋がるミスは犯したくはないもの。受け入れるのが難しい結果だけれど、気持ちを日曜の試合に切り替えないといけない」

 自身にとっても初のFAカップ優勝を今シーズンも逃したルーニーだが、個人の感情より、クラブにとって12回目の優勝を達成できなかったことを悔やんだ。

「僕はチームのためにFAカップで優勝したい。これは僕個人の感情ではないんだ。だからこそ、今日で敗退が決まったのは辛い結果。今日の試合に勝てていたら、優勝する可能性が高かったと、チーム全員が理解していたから」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
レアル・マドリード
29pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る