FOLLOW US

ベッカム氏、ロンドンで自身のスコッチブランドのPRイベントを開催

17日に行われた古巣PSGのCLチェルシー戦を観戦したベッカム氏 [写真]=Getty Images

 元イングランド代表のMFデイヴィッド・ベッカム氏が1日、自身がプロデュースしたウィスキー・ブランド『へイグ・クラブ』のPRイベントをロンドンで開催した。2日のイギリス紙『デイリーメール』などが報じている。

 このイベントには妻であるヴィクトリアさんも帯同し、同ブランドの写真撮影に参加。ロンドン中心部ハイドパーク・コーナーにあるウェリントン・アーチには、ヘイグ・クラブの仮設バーが1週間の期間限定でオープンする。

 同ウィスキーは昨年4月に発表され、同年10月には販売開始。ベッカム氏は同ブランドの公式サイトで、「ヘイグには豊かな歴史があり、私は400年以上の伝統がある自国のウィスキー・ブランドとともに働けることを誇りに思う」とコメントしていた。

 ヘイグ・クラブはスコットランド産のシングル・グレーンのスコッチで、世界で初めてグレーン・ウイスキーを製造したジョン・ヘイグ氏が1824年に設立した国内最古のキャメロンブリッジ蒸留所で製造される。

 ベッカム氏は、アメリカのマイアミにMLS(メジャーリーグサッカー)の新クラブを発足すべく活動するなど、引退後は実業家としても活躍している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO