2015.03.03

チェルシーのサポーターが再び人種差別発言か…英電車内での行為を警察が調査開始

トッテナム戦で振られたチェルシーのエンブレムが入ったフラッグ [写真]=Getty Images

 2日、イギリスメディア『BBC』やイギリス紙『デイリーメール』は、1日に行われたキャピタル・ワン・カップ決勝後、チェルシーのサポーターが電車内で人種差別のチャントを行い、電車から降りるように鉄道警察から命じられたと報じた。

 同試合はロンドンのウェンブリー・スタジアムで開催。チェルシーはトッテナムに2-0で勝利し、同大会8年ぶり5度目の優勝を飾った。

 各メディアは同試合後、ロンドンのユーストン駅からマンチェスター・ピカデリー駅へ向かう電車内で、4名が人種差別行為を行い、ストーク・オン・トレントに差し掛かったところで、要請を受けた鉄道警察に命じられ、電車から降車を命じられたと報じている。

 両メディアとも、4名がチェルシーサポーターだったという乗客の発言を報道。『デイリーメール』は、乗車していた黒人男性が嫌悪感を示して車両を移動したことや、1人の女の子が泣いていたと発言した乗客のコメントを掲載。また、クラブの「チェルシーのサポーターが関与していたかは明らかではありませんが、要請があれば当然、鉄道警察をサポートします」との声明も併せて伝えた。

 チェルシーは2月、チャンピオンズリーグでパリ・サンジェルマンと対戦したが、パリの地へ乗り込んだチェルシーのサポーターが黒人の男性に人種差別発言をしながら、地下鉄への乗車を妨害したことが問題となったばかりだった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る