2015.03.02

主将テリーが決勝点…チェルシーが8年ぶり5度目の英リーグ杯制覇

チェルシー
キャピタル・ワン・カップを制したチェルシーイレブン [写真]=Getty Images

 キャピタル・ワン・カップ決勝が1日にロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われ、チェルシーとトッテナムが対戦した。

 準決勝のリヴァプール戦では2試合合計でも決着がつかず、延長戦を戦いなんとか決勝の切符を手にしたチェルシー。一方のトッテナムはリーグ1(3部)のシェフィールド・U相手に2試合合計3-2となんとか競り勝ち、タイトルへの挑戦権を掴んだ。

 大観衆の聖地“ウェンブリー”でキックオフされた試合は、チェルシーが最初のチャンスを得る。2分、エデン・アザールが倒されて獲得したFKから、ウィリアンがクロスを上げる。ジョン・テリーが頭で合わせたが、シュートは枠を外れた。

 一方のトッテナムは10分、ペナルティエリア左手前でFKを獲得すると、キッカーのクリスティアン・エリクセンが直接狙う。しかしシュートはクロスバーを叩き、得点には至らない。

 続く36分、エリクセンがペナルティエリアに切れ込みシュートを放ったが、ペトル・チェフがしっかりとキャッチした。

 一進一退の攻防が続く中、均衡が敗れたのは前半終了間際の45分。チェルシーが右サイドでFKを獲得すると、キッカーのウィリアンがクロスを上げる。するとニアのダニー・ローズの頭をかすめたボールは、中央に流れて混戦になる。こぼれ球をテリーがシュートすると、ハリー・ケインに当たったボールがネットを揺らし、チェルシーが先制点を決めた。

 後半立ち上がりから攻勢に出たのはチェルシー。49分、スローインの流れからセスク・ファブレガスがオーバーヘッドでシュートを放つ。しかしトッテナムの守護神ウーゴ・ロリスが好セーブでなんとかしのいだ。

 続く56分、チェルシーは中盤からウィリアン、セスクと繋ぎ、ジエゴ・コスタがペナルティエリア左に侵入。最後は強引にニアへ蹴りこむと、ボールはカイル・ウォーカーに当たってゴールに吸い込まれた。

 まず1点を返したいトッテナムは、62分にアンドロス・タウンゼントに代えてムサ・デンベレを、71分にライアン・メイソンを下げてエリク・ラメラを投入し、流れを引き戻そうと試みる。76分にはCKをケインが頭で合わせたが、シュートは枠を捉えきれなかった。

 その後も追いすがるトッテナムは、87分に再びケインが決定機を迎えたが、テリーが果敢なタックルでピンチを防いだ。

 このまま試合終了のホイッスルを迎え、2-0でトッテナムを下したチェルシーが、8年ぶり5度目のキャピタル・ワン・カップ制覇を成し遂げた。

【スコア】
チェルシー 2-0 トッテナム

【得点者】
1-0 45分 ジョン・テリー(チェルシー)
2-0 56分 OG(カイル・ウォーカー)(チェルシー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る