2015.03.01

モウリーニョ、過去にライバルからのオファーを拒否していたと明かす

モウリーニョ監督
会見に臨むモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、過去に同じロンドンに本拠地を置くトッテナムから監督就任のオファーを受けていたことを明かした。1日付のイギリス紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 モウリーニョ監督がオファーを受けたのは2007年にチェルシーと契約解除をしたタイミングであったが、それでもクラブやサポーターを愛してやまないため、ライバルクラブを率いることは考えなかったという。

 同監督は「私は(ロマン・)アブラモヴィッチ会長の両手だ。彼が私に残ってほしいと思う限りは、私はここにいる。そして、そうあり続けてほしいと願っている」と、クラブへの一途な気持ちを語っている。

 チェルシーは1日に行われるキャピタル・ワン・カップ決勝で、“因縁の相手”トッテナムと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る