2015.02.28

勝利を渇望するヴェンゲル監督「批判よりも敗北の方が辛い」

ヴェンゲル
アーセナルを率いるヴェンゲル監督 [写真]=Getty Images

 アーセナルを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、3月1日に行われるプレミアリーグ第27節のエヴァートン戦に向けて意気込みを示した。クラブ公式HPが伝えている。

 アーセナルは、25日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのモナコ戦に1-3で敗れた。ホームでの敗戦を払拭するためにも、エヴァートン戦では勝利が求められる。

 ヴェンゲル監督は「プレミアリーグの戦いでは力強く進んでいる。日曜日の試合は、失望を振り払わなければならない。我々にできることはそれだけだ」とコメント。エヴァートン戦での勝ち点3獲得を誓った。

 また、モナコ戦を振り返ったヴェンゲル監督は「まだ敗退したわけではない。難しいタスクだが、可能性はある。我々はビッグクラブ。期待外れの試合をした時は、ファンが拍手を送ってくれるとは思っていない。批判されるのは当然だ」と主張。さらに「批判を受けることよりも敗北の方が辛い。私は勝ちたい」と現在の心境を明かした。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る