2015.02.21

攻撃陣を称賛するヴェンゲル監督「アンリ時代以来のベストメンバー」

ヴェンゲル
10日のレスター戦に臨んだアーセナルのヴェンゲル監督 [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏がプレーしていた時代以来となるベストの攻撃陣が現在のチームに揃っていると語った。イギリス紙『デイリーミラー』が20日に伝えている。

 アーセナルは、21日にアウェイで行われるリーグ第26節のクリスタル・パレス戦に臨む。ヴェンゲル監督は、同試合を前に「今週は、攻撃陣全員をスタメンとして考慮することができる最初の試合だ。彼らの本当の力をまだ見ることができていなかったんだ」とコメント。負傷選手の多いアーセナルだったが、今シーズン初めてアタッカーの全選手が出場可能だと明かした。

 そのため今節は、チリ代表FWアレクシス・サンチェス、スペイン代表MFサンティ・カソルラ、ドイツ代表MFメスト・エジル、フランス代表FWオリヴィエ・ジルー、イングランド代表のFWダニー・ウェルベックとFWセオ・ウォルコットらが出場可能の模様。さらに、負傷離脱をしていたイングランド代表MFジャック・ウィルシャーの復帰も期待されている。

 今シーズンはプレミアリーグ第25節終了時点で5位につけるアーセナル。チームはリーグ戦でここまで合計47ゴールを挙げており、首位チェルシー(55ゴール)と2位マンチェスター・C(51ゴール)に次いで3番目に総得点が多い。

「プレミアリーグでは1シーズンで70から100のゴールが必要となる」と語るヴェンゲル監督は、「我々はまだそのレベルに達していない」とするが、「今の攻撃陣はティエリ・アンリの時代以来、ベストメンバーだ。今のアタッカーたちには、アンリの時代以降で最もポテンシャルを感じる」と攻撃陣を称賛した。

 さらに、同監督は、3シーズン目を過ごしているストライカーのジルーについて言及。「ジルーのスタイルには、ロビン・ファン・ペルシー(元アーセナルで現マンチェスター・U)ほどのエレガントさはないが、彼は素晴らしく成長している。決定的なチャンスも作り出せるから、今は完成されたストライカーになっているよ。多くのゴールで貢献してくれた選手よりも、ジルーはチームのために働いてくれている」と、過去のエースストライカーたちと比較している。

 アーセナルは、2003-2004シーズンのプレミアリーグで無敗優勝を達成。“インビンシブル”(無敵のチーム)と称された当時のチームにはアンリ氏や元オランダ代表FWデニス・ベルガンプ氏、元スウェーデン代表MFフレドリック・ユングベリ、元フランス代表MFロベール・ピレスらを攻撃陣に擁していた。そして2004-2005シーズンにはリーグ戦を2位で終えるが、総得点数はリーグ最多の87をマーク。アンリ氏も25ゴールを挙げて得点王に輝いていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る