2015.02.20

チェルシーがモウリーニョの長期政権確保か…今夏4年延長と英紙報道

モウリーニョ
CLのパリSG戦に臨んだチェルシーのモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 チェルシーが、同クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督との契約を4年間延長する模様だと、イギリス紙『タイムズ』が20日に報じた。

 同紙によると、モウリーニョ監督の契約は2016-2017シーズン終了まで残っているが、クラブが同監督の長期政権を確保するため、今シーズン終了後に契約延長の交渉を行う模様。その交渉の際、同監督には新たに4年の契約がオファーされ、850万ポンド(約15億6000万円)の年俸も昇給が見込まれている。

 2004年7月から2007年9月までチェルシーの指揮官を務めていたモウリーニョ監督は、インテル、レアル・マドリードを経て、2013年6月からチェルシーで2度目の指揮官に就任していた。昨シーズンはタイトルを獲得できなかったものの、今シーズンはプレミアリーグ第25節終了時点で、2位のマンチェスター・Cと勝ち点差7で首位。また、キャピタル・ワン・カップでは決勝進出し、チャンピオンズリーグも生き残っている。

 チェルシーは、21日に行われるリーグ戦第26節でバーンリーをホームに迎えて対戦。3月1日にはキャピタル・ワン・カップ決勝のトッテナム戦が控えており、今シーズン1つ目のタイトル獲得に臨む。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る