2015.02.20

上達への近道? クアドラードが英語教師にプレイボーイのモデルを雇う

フアン・クアドラード
今冬、チェルシーに加入したクアドラード [写真]=Getty Images

 チェルシー所属のコロンビア代表FWフアン・クアドラードが英語教師として『プレイボーイ』のモデル、カーラ・ハウさんを雇っていると、イギリス紙『メトロ』や『サン』など複数のメディアが18日付けで報じた。

 今冬の移籍市場で、フィオレンティーナからチェルシーに移籍金2680万ポンド(約50億円)で加入したクアドラードは現在、スペイン語しか話すことができない。

 英語力を向上させるため、クアドラードはイギリスの成人紙『プレイボーイ』のモデルをしているカーラ・ハウさんを雇ったようだ。ハウさんはかつて、マンチェスター・U所属のイングランド代表DFルーク・ショー、リヴァプール所属のイタリア代表FWマリオ・バロテッリ、ユヴェントス所属のフランス代表DFパトリス・エヴラとのスキャンダルも報じられた人気モデルだ。

 スペイン語も話すことができるハウさんはクアドラードとロサンゼルス旅行の際に出会い、同選手のために英語のレッスンをする契約をしたと、自身のインストグラムに投稿していた。

 チェルシーは、別の英語教師を公式に用意しているらしいが、クアドラードは人気モデルとのレッスンをもっと楽しみたいようだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る