2015.02.15

マンU指揮官がルーニーの起用法に言及「代表ならストライカー」

ルーニー
マンUでプレーするルーニー [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるルイス・ファン・ハール監督が、イングランド代表FWウェイン・ルーニーの起用法について言及した。イギリス紙『ミラー』が伝えている。



 本来はFWとしてプレーするルーニーだが、マンチェスター・Uでは中盤で起用されている。この件について先日、イングランド代表を率いるロイ・ホジソン監督は「ルーニーはストライカーだろう? そういう選手はエリア内やその付近において置くのが好ましい」と発言していた。

 ルーニーを中盤でプレーさせていることに関して、ファン・ハール監督は「おそらく、彼は最高のストライカーだと思う。だが、私はチームに最も貢献できるポジションがどこなのかを考えている」とコメント。また「選手個人よりもチームの構成が重要だ」と自身の考えを明かした。

 その一方で、ファン・ハール監督は「イングランド代表で最も貢献できるポジションがストライカーなのだと思う」とホジソン監督の考えに同意し、「私がイングランドの代表監督ならば、彼をストライカーで起用するだろう」と述べていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る