2015.02.14

インザーギのプレーから学んだスタリッジ「得点の多くは彼のおかげ」

インザーギ(右)をお手本にしていたと明かしたスタリッジ(左) [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属するイングランド代表FWダニエル・スタリッジが、ミランなどで活躍し現在は同クラブで監督を務めるフィリポ・インザーギ氏をお手本にしていたことを明かした。イギリス紙『エクスプレス』が13日に報じている。

 スタリッジは、2009年にマンチェスター・Cからチェルシーに移籍。2シーズン半を過ごし、2013年1月にリヴァプールに加入した。同じく、2009年からカルロ・アンチェロッティ監督(現レアル・マドリード)がチェルシーを率いていた。

 同選手は当時を振り返り「僕がチェルシーに居たとき、アンチェロッティ監督がよく『インザーギのDVDを観ろ』と言っていたのを覚えている。ボールを持っていたいところでの動きや、ストライカーがゴールするには何が必要かを学ぶためにね」と明かした。

 さらに、「インザーギのプレーを本当に良く好んで観ていた。なぜなら、彼は僕がしていたプレーと完全に違っていたからね」と説明しており、「僕の持っていないものを彼がくれて、実際とてもお手本になった。おそらく僕が決めたゴールのほとんどは彼のおかげだよ」と今の自分はインザーギ氏あってこそだと語っている。

 今シーズンのスタリッジは、開幕から3試合に出場した後に、けがを繰り返し19試合を欠場。1月31日に行われたプレミアリーグ第23節のウェストハム戦で途中出場し、ゴールも決めて復帰を飾った。そして11日に行われた前節のトッテナム戦では先発に復帰している。

 リヴァプールは14日に行われるFAカップ5回戦でクリスタル・パレスと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る