2015.02.13

“噛みつき”疑惑が浮上のイヴァノヴィッチは処分なし…FAが発表

イヴァノヴィッチ
噛みつき疑惑が浮上していたイヴァノヴィッチ(中央右) [写真]=Getty Images

 FA(イングランドサッカー協会)は12日、“噛みつき”疑惑が浮上していたチェルシー所属のセルビア代表DFブラニスラフ・イヴァノヴィッチに処分を科さないことを発表した。

 11日にプレミアリーグ第25節が行われ、チェルシーとエヴァートンが対戦。試合終盤、元イングランド代表MFギャレス・バリーが、ブラジル代表MFウィリアンを倒したことがきっかけとなり、両チームの選手が衝突する騒ぎが起きていた。

 この騒動の最中、イヴァノヴィッチがアイルランド代表MFジェームズ・マッカーシーに頭突きをしたとの疑惑が浮上。また、一部では噛みついた可能性も報じられていたが、元審判員による調査の結果、処分に値する行為はなかったと判断された。

 なお、チェルシーとエヴァートンに対しては、選手たちの挑発的な行為を抑えることができなかったとして処分を下すことをFAは明らかにしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る