FOLLOW US

後任の本命はシメオネ監督か…不調のマンC、今季終了後に監督交代へ

ペジェグリーニ(左)の後任として報じられたシメオネ(右) [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cは、現在指揮官を務めるマヌエル・ペジェグリーニ監督の後釜として、アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督を候補に上げている。10日付のイギリス紙『デイリー・ミラー』が報じた。

 同紙によると、クラブがシーズン終了後にペジェグリーニ監督を解任した場合、後任のトップターゲットはシメオネ監督であるという。

 マンチェスター・Cは、現指揮官の下で昨シーズンのキャピタル・ワン・カップとプレミアリーグを両制覇しているものの、今シーズンはここまでにキャピタル・ワン・カップとFAカップでの敗退が決定しており、リーグ戦においても首位チェルシーとは7ポイント差と、厳しい状況に陥っている。

 このまま今シーズンを無冠で終了させてしまった場合、ペジェグリーニ監督は解任されるのでは、と同紙は伝えている。

 対するシメオネ監督は、昨シーズンのリーガ・エスパニョーラでアトレティコ・マドリードをチャンピオンに押し上げ、更にはチャンピオンズリーグで決勝に進むという大躍進によって自身の評価を高めている。また、今月7日に行われたマドリードダービーでは、宿敵を相手に4点差をつけたことで、更なる注目を集めているようだ。

 評価を高めている同監督は、フランス紙『ル・パリジャン』などに日本代表DF長友佑都が所属するインテルの次期監督候補としても挙げられており、今後の去就が注目される。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO