2015.02.06

カーディフ退団の元C大阪MFキム・ボギョン、英2部ウィガンに加入

キム・ボギョン
ウィガン加入が決まったキム・ボギョン [写真]=Getty Images

 イングランド・チャンピオンシップ(2部相当)に所属するウィガンは6日、韓国代表MFキム・ボギョンを獲得したと発表した。今シーズン終了時までの契約となる。

 現在25歳のキム・ボギョンは、大分トリニータやセレッソ大阪でプレー。2012年7月にカーディフへ移籍すると、1年目からレギュラーの座を掴み、同クラブのプレミアリーグ昇格に貢献。2013-14シーズンはプレミアリーグで28試合に出場していた。しかし、再びチャンピオンシップに降格した今シーズンは、出場機会に恵まれず、わずかに2試合に出場したのみとなり、1月24日に契約解除が発表されていた。

 ウィガン加入に際しキム・ボギョンは、「またマーキー・マッケイ(現ウィガン監督、カーディフ時代に師事)と一緒になることができてすごく嬉しい。以前、一緒にやったときは楽しめていたし、僕のキャリアを助けてくれた。イングランドでプレーするという僕の夢をかなえるチャンスをくれたし、また一緒にやれることを楽しみにしているよ」と喜びのコメントを残している。

 ウィガンは現在チャンピオンシップ第28節を終えて4勝10分14敗の勝ち点22で23位と苦しんでおり、チームを救う活躍が期待される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る