FOLLOW US

リヴァプール、プライバシー強化のため練習場に障壁設置へ

メルウッド練習場でトレーニングするリヴァプールの選手たち [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールがメルウッド練習場のプライバシーを強化するため、メルウッド練習場内に遮へい物を設置する計画をしている事が明らかとなった。31日の地元紙『リヴァプール・エコー』が報じた。

 練習場の外壁を高くすることは建築制限にひっかかるため、リヴァプールは高さ4.5メートルの遮へい物と、ボールが場外へ出ないようにするための高さ8メートルのネットを設置する予定とされている。

 リヴァプールはこれまでに練習風景が大衆メディアだけでなく一般人にも無許可で撮影され、インターネットに画像や動画が流出していたため、リヴァプールの自治体に遮へい物とネットの設置案を申請していた。

 練習場の外部からは周辺住宅の窓をはじめ、ゴミ箱、車、はしごなどを使って場内をのぞくことが可能となっており、チームの練習内容や戦術などが筒抜けとなっていた。

 上位を争う他の強豪クラブが練習場のプライバシーを徹底している中、こうした要素がリヴァプールの弱点となり、足かせとなっているのかもしれない。

 なお、31日にホームで行われた第23節でウェストハムを2-0で破ったリヴァプールは、勝ち点38で7位につけている。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA