2015.01.25

ロジャーズ監督、3戦チーム外のバロテッリは「状況を理解している」

バロテッリ
練習に臨むリヴァプールのFWバロテッリ [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールを率いるブレンダン・ロジャーズ監督は、10日に行われたプレミアリーグ第21節のサンダーランド戦に出場して以来、3試合を欠場していたイタリア代表FWマリオ・バロテッリと面談を行ったことを明かした。イギリス紙『デイリーメール』が25日に伝えている。

 10日のサンダーランド戦に途中出場したバロテッリ。しかしその後、17日に行われたリーグ戦第22節のアストン・ヴィラ戦、20日に行われたキャピタル・ワン・カップ準決勝ファーストレグのチェルシー戦、24日に行われたFAカップ4回戦のボルトン戦の3試合はチームに選ばれていなかった。

 ロジャーズ監督は「バロテッリは負傷ではない。選ばれなかっただけだ。彼にとってタフなことだがね」と、バロテッリが構想外であったと明言すると、「私たちは23日に1時間ぐらい話をした」と、話し合いを行ったことも明かした。

 そして、話し合いを通して「彼は自分の状況を理解しているし、チームに入るために何が必要かも分かっている」と、同選手がチーム外であったことを理解していると語ると、「彼はチームの状況も理解している。彼はチームのプレッシングと攻撃性を見てきた。もしそれが(バロテッリも)できないのなら、チームの一員とはなれないだろう」とコメントしている。

 また、ロジャーズ監督は、「私は毎日トレーニングで(選手起用を)判断している。マリオは他の選手たちと同じ状況だ。優遇されている選手はいない」として、「マリオは、試合に出場するためにハードワークをするだろう。私は、(この話し合いに対して)彼が正しく反応してくれると自信をもっているよ」と続け、バロッテリの再起に期待を寄せた。

 リヴァプールは、27日に行われるキャピタル・ワン・カップ準決勝セカンドレグでチェルシーと対戦する。なお、20日のファーストレグはリヴァプールのホーム、アンフィールドで行われ1-1の引き分けに終わっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る