FOLLOW US

引き分けに苛立つマンU指揮官「ミスを繰り返してはならない」

マンチェスター・Uを率いるファン・ハール監督 (C)ManUtd.jp

 マンチェスター・Uを率いるルイス・ファン・ハール監督が、23日に行われたFAカップ4回戦を振り返った。クラブ公式HPが伝えている。

 マンチェスター・Uは、ケンブリッジ(4部)との試合をスコアレスドローで終え、再試合に臨むこととなった。ファン・ハール監督は試合後、「前半の内容には苛立った。ヨーヴィル・タウン戦、そしてQPR戦と同じミスを犯した。同じスタイルでプレーしているのだから、ミスを繰り返してはならない」と不満を示した。

 さらに、同監督は「今日のような試合が難しいのは分かっている。すべてが我々に不利に働いた。観客が敵に回るのは個人的には良いと思っているが、ピッチコンディション、相手の守備、すべてがチームにとって不利に働いた」と主張。また、「相手の実力が我々よりも低いことは誰もが知っている。自分たちで解決しなければいけない問題だ」と述べ、オールド・トラフォードで行われる再試合に向けては「良いプレーをして、勝たないといけない」と語った。

 対戦相手のケンブリッジについては「相手にとっては最高の結果だろう。多くの選手がユナイテッドとの対戦を夢にまで見ただろうし、彼らは試合終了まで戦い続けた」と称えていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA