2015.01.22

プレミアリーグ、過去14年で最高のFK決定力を誇る選手は?

左からベッカム、アンリ、ランパード、マタ  [写真]=Getty Images

 プレミアリーグにおける最高のFK(フリーキック)の名手がマンチェスター・Uに所属するMFフアン・マタであることが明らかとなった。21日 のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。


 プレミアリーグでは1992年の創設以来、元イングランド代表主将のMFデイヴィッド・ベッカム氏、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏といった数多くのFKの名手を輩出してきたが、公式記録がスタートした2001-02シーズンから今までの約14年間の統計で、FKからの得点率が最も高い選手がマタであることが判明した。

 マタは28回のFKで5ゴールを決めており、その得点率は17.9パーセントでトップに立っている。2位はサンダーランドのスウェーデン代表MFセバスティアン・ラーションで得点率12.2パーセント。3位は元チェルシーのオランダ代表FWジミー・フロイト・ハッセルバインク氏で得点率9.7パーセントだった。

 なお、前述のベッカムは9.3パーセントで4位、アンリは8.3パーセントで6位に入った。アンリはFKから12ゴールを記録し、歴代FK最多得点者となっている。一方、最も直接FKを蹴った選手はマンチェスター・Cの元イングランド代表MFフランク・ランパードで、175回を記録している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング