FOLLOW US

テリーがコーチング免許の一環でチェルシーU-15の練習を指揮

チェルシーに所属する34歳のDFテリー [写真]=Getty Images

 チェルシーで主将を務める元イングランド代表DFジョン・テリーが12日、コーチング免許を取得するための実習の一環として、同クラブのU-15チームの練習に参加し、監督として指揮を執った。同日のイギリス紙『デイリーメール』などが報じている。

 10日にホームで行われたプレミアリーグ第21節のニューカッスル戦でキャリア通算648試合目をプレーし、2-0の勝利に貢献した34歳のテリーは、12日にチームのコブハム練習場でU-15のユースチームに指導を行った。

 テリーは同日、自身のインスタグラムで練習の指導風景を掲載し、次のようにコメントしている。

「今朝、コーチング免許取得のためにU-15のチームとともに数時間過ごした。(取得には)まだ長い道のりだけど、経過を楽しんでいる。僕は絶対、シャツとネクタイを着た監督になる」

 一方、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は最近、今シーズンのテリーについて「2004年と全く同じ高いレベルでプレーしている」と称賛しており、契約を来シーズンまで延長することも示唆している。

 なお、現在2位マンチェスター・Cと勝ち点2差で首位を走るチェルシーは次節、17日に敵地でスウォンジーと対戦する。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA