2015.01.13

マンU、約270億円の損失計上も…CL出場逃した場合を英紙が仮定

第21節でサウサンプトンに敗れたマンU [写真]=Getty Images

 昨シーズンのプレミアリーグで7位に終わり、25年ぶりにヨーロッパのカップ戦出場権を逃したマンチェスター・U。今シーズンもチャンピオンズリーグ出場権を獲得できなかった場合、1億5000万ポンド(約270億円)の損失を計上する可能性がある。イギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 マンチェスター・Uは今シーズン開幕前、ルイス・ファン・ハール監督を招聘し、大型補強を展開。アルゼンチン代表DFマルコス・ロホや同MFアンヘル・ディ・マリア、オランダ代表DFダレイ・ブリント、スペイン人MFアンデル・エレーラ、イングランド代表DFルーク・ショー、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオを獲得した。選手補強に要した金額は約1億8600万ポンド(約255億5000万円)であると報じられていた。

 報道によると、マンチェスター・Uが今シーズン、チャンピオンズリーグ出場権を逃した場合、損失額が1億5000万ポンドに上る可能性がある。同紙はアストン大学のエリス・キャッシュモア教授の説明を引用し、想定される損失額を伝えた。

 マンチェスター・Uは11日のプレミアリーグ第21節でサウサンプトンに0-1で敗れ、4位に転落した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング