2015.01.11

マンU、リーグ後半戦に追い風…ブリントやロホら負傷者が続々復帰

ブリント
練習に参加するブリント(中央前)やショー(中央後)  [写真]=Man Utd via Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督が、11日に行われるプレミアリーグ第21節のサウサンプトン戦に向け、負傷者が続々とチームに復帰していると語った。クラブ公式サイトが9日に伝えている。

 11試合連続して無敗を維持しているマンチェスター・Uは、今節4位のサウサンプトンと対戦する。アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアはFAカップ3回戦のヨーヴィル・タウン戦で復帰。さらに同試合の前半でピッチを後にしたイングランド代表DFルーク・ショー、そしてブラジル人DFラファエウ・ダ・シウヴァも今節に出場する可能性があるという。

 ひざを痛め欠場が続いていたオランダ代表MFダレイ・ブリント、そして体調不良が続いていたベルギー代表MFマルアン・フェライニも練習に復帰。頬骨の骨折で処置を受けたラファエウァは、悪化の可能性を考慮し、起用されないケースも考えられる。ファン・ハール監督はクラブ公式チャンネル『MUTV』のインタビューに応じ、次のように答えた。

「彼ら(ショーとラファエウ)は出場可能だ。ラファエウは頬骨の手術を受けたので、ひょっとすると起用にはリスクが伴うかもしれないが、ショーはプレーできる。ブリントも1週間以上練習に参加しているし、フェライニも今週から練習に復帰した」

 CBのアルゼンチン代表DFマルコス・ロホは10日から練習に復帰。現在、けがで練習に参加できていないのは、イングランド人MFアシュリー・ヤングのみとなった。

「負傷者はアシュリー・ヤングだけだ。本当に信じられないことだ! 試合勘という問題もあるが、ヤング以外は健康な状態に戻った」

 マンチェスター・Uは11日にサウサンプトンをホームに迎えて対戦。前半戦の昨年12月8日に行われた第15節サウサンプトン戦ではマンチェスター・Uが敵地で2-1の勝利を収めている。
 

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る