2015.01.11

エヴァートンに引き分け再び2位…マンC指揮官「満足していない」

ペジェグリーニ
マンCを率いるペジェグリーニ監督 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督が、10日に行われたプレミアリーグ第21節のエヴァートン戦について言及した。クラブ公式HPが伝えている。

 エヴァートン戦は1-1で終了。試合前はチェルシーと並んで首位に立っていたマンチェスター・Cだったが、勝ち点3を手にできず再び2位となった。試合後、ペジェグリーニ監督は「最初の25分でチャンスが3、4回あった。試合を決めることができたはずだ」と振り返り、「この結果に満足していない」と述べた。

 また、同監督は「エヴァートンとのアウェーゲームならば悪い結果ではないと考える人もいるだろう。だが、多くのチャンスがあった」と語り、決定機を生かせなかったことを悔やんでいた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る