2015.01.04

ジェラード、退団後はMLS参戦へ「アメリカでプレーするつもり」

ジェラード
MLS参戦の意思を表明したジェラード [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 今シーズン限りでのリヴァプール退団が決まっている元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードが、自身の去就について語り、新天地がMLS(メジャーリーグ・サッカー)のチームになる見込みであることを明かした。クラブ公式HPが伝えている。

 ジェラードは2日に今シーズン限りでのリヴァプール退団を発表。その後、クラブ公式のインタビューにおいて、具体的なチーム名は明かさなかったが「僕はアメリカでプレーするつもりだ」と述べた。

 また、残りわずかとなったリヴァプールでの日々については「最後まで戦い続ける」と主張。さらに「トロフィーを手にして、トップ4でシーズンを終えたい」と目標を語った。

 ジェラードは以前からMLSへの移籍が噂されており、イギリス紙『デイリースター』は、ロサンゼルス・ギャラクシーやトロントFC、ニューヨーク・レッドブルズなどを候補に挙げている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る