2014.12.29

ベッカム長男、アーセナルユースの試合で専属ボディガードを帯同

左からクルズ、ロミオ、ベッカム氏、ブルックリン [写真]=Getty Images

 元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏の長男であるブルックリン・ベッカムが、所属するアーセナルの下部組織の試合で専属ボディガードを帯同させている事が明らかとなった。28日のイギリス紙『デイリースター』が報じている。

 15歳のブルックリンは現在、アーセナルのU-16チームでプレーしており、大勢のファンがベッカム家長男のプレーを一目見ようと練習場の外に駆けつけているという。そこでベッカム氏はアーセナルの許可を得て元イギリス軍人のボディガードを雇用し、コーチ陣たちと同じジャージ姿でベンチに常駐させているという。

 アーセナルはコルニー練習場だけでなく、ロンドン北部のウォルサムストウにある下部組織のヘイル・エンド練習場の警備体制も強化しており、かつて公開されていた同練習場でのユースの試合は現在、関係者のみの出席が許されており、基本的に非公開となっている。

 アーセナルの関係者は、「ボディガードはアーセナルのジャージを着てコーチたちと同じようにベンチに座っている。デイヴィッド・ ベッカムが大スターである故に、家族はブルックリンの警備を強化することを決めた」と明かすと、「アーセナルは若手選手全員の安全が確約されていることに満足している」とコメントしている。

 なお、父であるベッカム氏はブルックリンをはじめ、同じくアーセナルの下部組織でプレーする12歳のロミオ、9歳のクルースら息子たちの試合を定期的に観戦しているという。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る