2014.12.29

2点差追いつかれ連勝ストップ…マンC指揮官「チャンスを逃した」

ペジェグリーニ
マンチェスター・Cのペジェグリーニ監督 [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第19節が28日に行われ、マンチェスター・Cはバーンリーと2-2で引き分けた。同試合を振り返ったマンチェスター・Cのマヌエル・ペジェグリーニ監督がコメントを残している。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 ホームのマンチェスター・Cは23分にスペイン代表MFダビド・シルバ、33分にブラジル代表MFフェルナンジーニョがゴールを挙げたが、47分と81分に失点。リーグ戦の連勝は7でストップした。

 試合後、ペジェグリーニ監督は「我々は前半で2点リードしていた。あと2ポイントを稼ぐ大きなチャンスを逃してしまった」と語り、勝利を手にできなかったことを悔やんでいた。

 また、同監督は試合内容に関して「前半は相手にチャンスはなかった。だが、後半の我々は良いプレーを見せることができず、ゴールを許したことで相手に自信を与えてしまった」と述べていた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング