FOLLOW US

2点差追いつかれ連勝ストップ…マンC指揮官「チャンスを逃した」

マンチェスター・Cのペジェグリーニ監督 [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第19節が28日に行われ、マンチェスター・Cはバーンリーと2-2で引き分けた。同試合を振り返ったマンチェスター・Cのマヌエル・ペジェグリーニ監督がコメントを残している。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 ホームのマンチェスター・Cは23分にスペイン代表MFダビド・シルバ、33分にブラジル代表MFフェルナンジーニョがゴールを挙げたが、47分と81分に失点。リーグ戦の連勝は7でストップした。

 試合後、ペジェグリーニ監督は「我々は前半で2点リードしていた。あと2ポイントを稼ぐ大きなチャンスを逃してしまった」と語り、勝利を手にできなかったことを悔やんでいた。

 また、同監督は試合内容に関して「前半は相手にチャンスはなかった。だが、後半の我々は良いプレーを見せることができず、ゴールを許したことで相手に自信を与えてしまった」と述べていた。

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA