2014.12.29

判定に不満を示すモウリーニョ監督「我々は勝ち点2を失った」

モウリーニョ
チェルシーを率いるモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第19節が28日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦したチェルシーは、1-1で引き分けた。試合後、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、レフェリーの判定に不満を示した。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 モウリーニョ監督が指摘したのは、スペイン代表MFセスク・ファブレガスが警告を受けた55分の場面。ペナルティーエリアでサウサンプトンのイングランド人DFマット・ターゲットに倒されたように見えたが、レフェリーはノーファウルの判定を下した。

 同監督は「専門家や解説者、他チームの指導者などがレフェリーにプレッシャーをかけている。そして、レフェリーは今回のようなミスを犯す」とコメント。さらに「我々は勝ち点2を失い、セスクが警告を受けた」と述べ、判定に納得していないことを強調していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る