FOLLOW US

ファン・ハール監督、ファーガソン体制から続くクリスマス練習を廃止

クリスマスの練習を廃止するファン・ハール監督 [写真]=Man Utd via Getty Images

 マンチェスター・Uのルイス・ファン・ハール監督が、アレックス・ファーガソン元監督体制下から伝統となっていたクリスマス当日の練習実施を否定した。24日のイギリス紙『メトロ』など複数メディアが報じた。

 イギリスのサッカー界には冬期休暇が無く、クリスマス翌日のボクシングデーに一斉に試合を行うため、クリスマスに練習するクラブも少なくない。しかしファン・ハール監督は、あくまで西欧文化に倣った休日としてクリスマスを扱うとし、次のように話している。

「私はクリスマスに練習を行う伝統を変え、クリスマスに選手たちに家族との自由時間を与えることにした。 我々は翌日(26日)に練習場で一丸となり、通常通りチームミーティングを行う。私は人間らしく生きることを大切にしているから、その環境づくりも重要なこと。選手たちは家で家族と過ごすことの方がうれしいと思う。私は選手たちがニューカッスルを全力で倒してくれることを願っている」

 一方、クラブの伝統廃止について、主将を務めるイングランド代表FWウェイン・ルーニーは、「今年のクリスマスは家で過ごすから練習しない。それは特に海外から来た選手たち、子供がいる選手たちにとって良いことだ。新加入選手にとって、他国では休暇となるクリスマス期間に試合をするのはおかしいはずだから、彼らは冬の過密日程に慣れて調整しなければならない。彼らはきっと万全な状態で臨んでくれるだろう」と、前向きに話した。

 なお、マンチェスター・Uは26日の朝に軽めの練習を行った後、同日ホームで行われるプレミアリーグ第18節でニューカッスルと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO