2014.12.24

マンC指揮官、次節WBA戦を前にアグエロ、コンパニらの欠場を明言

セルヒオ・アグエロ
1月後半までの負傷離脱が明らかになったセルヒオ・アグエロ(左) [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督が26日に行われるプレミアリーグ第18節のウェスト・ブロムウィッチ(WBA) 戦を前に、再び主力選手を書くことを明らかにした。23日に行われた監督会見での発言をクラブ公式 ツイッターが報じている。

 指揮官は次節を故障により欠く選手として、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコ、セルビア代表FWステヴァン・ヨヴェティッチ、ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニをリストアップ。そのうちヨヴェティッチとコンパニは来週の終わりには戦列に復帰する模様だと明かしたが、ジェコとアグエロは1月後半まで長引くと見込んでいる。

 ペジェグリーニ監督はWBAについて、「トップコンディションではないかもしれないが、いいチームであり、好ゲームを繰り広げるに違いない」とコメント。その上で、「けがで戦力を欠こうとも、私たちはハイレベルな戦いを見せたいと思っている。(首位である)チェルシーを意識してはいない。自分たちの勝利に集中している」と意気込みを語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る