FOLLOW US

ファーガソンが古巣マンUのキャリックを絶賛「イギリス最高のCMF」

2012-13シーズンにプレミアを制したマンUのファーガソン氏(左)とキャリック(右)[写真]=Man Utd via Getty

 マンチェスター・Uで指揮を執っていたサー・アレックス・ファーガソン氏がイギリスのテレビ番組『BTスポーツ』でイングランド代表MFマイケル・キャリックを称賛した。イギリスメディア『BBC』などが22日に伝えている。

 マンチェスター・Uはキャリックが負傷から復帰した11月初旬から、プレミアリーグ第17節のアストン・ヴィラ戦で1-1の引き分けに終わるまで6連勝を記録。今シーズン開幕当初から負傷者が続出し苦戦を強いられたルイ・ファン・ハール監督も、「キャリックは経験豊かな選手で、チームにその経験と落ち着きをもたらしてくれる。私のフィロソフィーをピッチ上で表すことができる」とコメントしていた。

 ファーガソン氏は「キャリックはイギリスのサッカー界で最高のセントラル・ミッドフィルダー(CMF)だ。イギリス人選手として最も優れている」と同選手を称賛。

 さらに、同氏は、「多くのけが人を抱えている状況で、ファン・ハール監督が最高といえる結果をどうやって出しているのかわからない。けが人が復帰すればマンチェスター・Uはさらによくなる。ファン・ハール監督は優秀な監督だから、やってくれるだろう。負傷している選手たちが戻ってくれば、マンチェスター・Uは大丈夫だ」と語り、古巣の活躍を期待している。

 マンチェスター・Uは、スペイン人MFアンデル・エレーラ、ベルギー代表MFマルアン・フェライニ、アルゼンチン代表DFマルコス・ロホ、イングランド代表のDFクリス・スモーリングとDFルーク・ショー、オランダ代表MFダレイ・ブリントが未だに負傷離脱している。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA