2014.12.13

マンCのペジェグリーニ監督、契約満了迫るランパードの残留を熱望

ランパード
マンCにレンタル移籍中のMFランパード [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督は、レンタル期間終了が迫る元イングランド代表MFフランク・ランパードの残留を望んでいることを明かした。イギリス紙『デイリーメール』

 ランパードは昨シーズン末でチェルシーを退団し、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・シティFCへの移籍が決定。しかし、同クラブは2015年シーズンからMLSに参加することになっているため、現在は同じ傘下にあるマンチェスター・Cにレンタル移籍している。

 古巣のチェルシー戦での得点を含む3ゴールを挙げる活躍をし、クラブの欠かせない戦力となったランパードは、12月末までで契約が満了し所属元のニューヨーク・シティFCに合流する予定のため、マンチェスター・C退団が迫っている。

 また、マンチェスター・Cは得点ランキング1位のアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが負傷離脱し、コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレは1月、アフリカ・ネーションズカップでチームを離れる予定。ペジェグリーニ監督は優勝争いに生き残るためにもランパードの残留を熱望している。

 同監督は「フランク(ランパード)は我々にとって重要な選手だ。問題なく残留できることを願っている」と明かすと、「ランパードとの契約は12月末までとなっている。ニューヨーク・シティFCが絡んでいることでもある。MLSも同様だ。契約の延長をしたいが、多くのグループが介在している。一つの意見だけでは決まらない」と残留が難しいだろうとの見解も語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る