2014.12.13

行き場失うトーレス、チェルシーが無理なら古巣リヴァプール復帰か

トーレス
リヴァプール復帰への可能性が浮上したトーレス [写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランの元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、古巣リヴァプールへと復帰する可能性が浮上した。12日付のイギリス紙『デイリー・スター』が報じている。

 今夏の移籍市場で、チェルシーから2年契約のレンタル移籍でミランへとやって来たトーレス。しかし、初挑戦のイタリアでは思うようなプレーが出来ず、ここまで10試合に出場し、セリエA第4節のエンポリ戦での初ゴール以降得点がない。直近の2試合では先発の座も奪われ、出場機会は訪れなかった。

 ミランはレンタルバックを望んでいるとみられるが、レンタル元のチェルシー攻撃陣にはスペイン代表FWジエゴ・コスタ、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ、フランス代表FWロイク・レミーらがおり、同クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督からも「不可能なことだ。我々にスペースはない。チャンピオンズリーグやプレミアリーグのいずれにおいても、登録リストに空きはないんだよ」と、トーレスの復帰を否定していた。

 次なる移籍先が検討される中、候補に上がったのが2011年まで4シーズン所属し、トーレスが最も輝きを放っていたリヴァプールだった。ウルグアイ代表FWルイス・スアレスを放出したリヴァプールは、イングランド代表FWダニエル・スタリッジが負傷により離脱。今夏、獲得したイタリア代表FWマリオ・バロテッリと、イングランド代表FWリッキー・ランバートがフィットせず、二人合わせてリーグ戦でいまだ1点しかとっていない。この状況に頭を悩ませるブレンダン・ロジャーズ監督は、トーレスの獲得に興味を示していると伝えられている。

 果たしてトーレスは古巣復帰となり、かつての輝きを取り戻せるのか、注目が持たれる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング