2014.12.13

2016-17シーズンからプレミアのライブ放映試合数が歴代最多の168試合に

マンチェスター・C
昨シーズンのプレミアリーグを制覇したマンチェスター・C [写真]=Getty Images

 プレミアリーグのライブ放映試合数が2016-17シーズンに史上最多の168試合を記録することが明らかとなった。12日にイギリス紙『デイリーメール』など複数メディアが報じている。

 同シーズンから3年間、プレミアリーグは他のヨーロッパの強豪リーグ、スペインのリーガ・エスパニョーラやドイツのブンデスリーガにならい、金曜夜にも試合日程が組まれる見込みとなっており、現在の154試合から14試合増加する。

 現在、イギリス国内で最も多くの試合を放映しているのはスカイスポーツで、116試合。一方、BTスポーツは38試合の放映権を持っている。両社の放映試合数はそれぞれ、スカイポーツが126試合、BTスポーツが42試合に増加すると見込みとなった。

 一方、来年3月に正式発表を控える次回のプレミアリーグ放映権売却額は、2012年に記録した2013-14シーズンから3年間の売却総額30億 ポンド(約5550億円)を大きく上回ると見込まれており、1試合あたりの価値が現在の670万ポンド(約12億4000万円)から1000万ポンド(約18億5000万円)に高騰すると仮定して、推定50億ポンド(約9250億円)と予想されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る