2014.12.05

セビージャがマタを注視…マンU補強動向次第で今冬の移籍実現も

マタ
セビージャが動向を注視していると報じられたマタ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するスペイン代表MFフアン・マタについて、セビージャが獲得に動く可能性がある。イギリス紙『デイリースター』など複数の英メディアが報じた。

 報道によると、来年1月の移籍市場における獲得を視野に入れ、セビージャがマタの動向を注視している。マタは今年1月にチェルシーからマンチェスター・Uに加入。ルイス・ファン・ハール監督が就任した今シーズンは、プレミアリーグ第14節終了時点で9試合に先発、2試合に途中出場して4得点を挙げている。出場機会を失っているわけではないが、マタはファン・ハール監督の構想において信頼を得られておらず、不安定な状況であると報じられている。

 なお同紙は、マンチェスター・Uがマタを来年1月時点で放出することには難色を示し、今シーズン終了までは残留させる意向であると報じている。だが、ローマ所属のオランダ代表MFケヴィン・ストロートマンなど補強候補の加入次第では、マタが今冬に移籍する可能性はある模様だ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る