2014.12.02

FIFA最優秀監督賞の最終候補が発表…W杯制覇の独代表レーヴ監督など

左からアンチェロッティ監督、レーヴ監督、シメオネ監督 [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は1日、年間最優秀監督賞の最終候補3名を発表した。『FIFA.com』が同日に伝えている。

 最終候補の3名には、昨シーズンのコパ・デル・レイとチャンピオンズリーグの優勝を導いたレアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督、今夏のブラジル・ワールドカップでドイツ代表を優勝に導いたヨアヒム・レーヴ監督、昨シーズンのリーガ・エスパニョーラ制覇を果たしたアトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督が選出された。

 なお、その他の候補には、元ユヴェントスで現在はイタリア代表を率いるアントニオ・コンテ監督、バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督、アメリカ代表のユルゲン・クリンスマン監督、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督、マンチェスター・Cのマヌエル・ペジェグリーニ監督、元オランダ代表指揮官で現在はマンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督が名を連ねていた。

 最優秀監督賞は、2015年1月12日に行われるFIFAバロンドールの授賞式で発表される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る