2014.11.24

リーグ戦6敗目…肩を落とすロジャーズ監督「自信を失っている」

ロジャーズ
リヴァプールを率いるロジャーズ監督 [写真]=Getty Images

 リヴァプールを率いるブレンダン・ロジャーズ監督が、23日に行われたプレミアリーグ第12節のクリスタル・パレス戦を振り返った。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 公式戦3連敗中と苦しい戦いが続いているリヴァプールは、2分にイングランド代表FWリッキー・ランバートの移籍後初ゴールで先制。しかし、17分に失点を許すと、その後は2点を追加され、1-3で逆転負け。リーグ戦6敗目となり、黒星の数が昨シーズンに並んでしまった。

 試合後、ロジャーズ監督は「私の責任だ。我々は失望しているよ。もっと素早く正確にプレーしなければならない。明らかに自信を失っている」と語り、敗戦に肩を落とした。

 また、同監督は「簡単に失点を許してしまった。より厳しいディフェンスをしなければならない」と主張。「ゴールを奪うことはできている。我々はコンパクトに戦うことを意識して、ハードワークする必要がある」と続け、守備の改善に向けて取り組んでいくことを誓った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る