2014.11.21

FWジルーとMFアルテタがマンU戦で復帰か…アーセナルの負傷者状況

マンU戦での復帰が期待されるFWジルー(左)とMFアルテタ(右) [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が、22日に行われるプレミアリーグ第12節のマンチェスター・U戦に向けた記者会見で、負傷者の状況を明かした。クラブ公式サイトが20日に同監督のコメントを伝えている。

 ヴェンゲル監督は、8月から負傷離脱中のフランス代表FWオリヴィエ・ジルーと、4日に行われたチャンピオンズリーグのアンデルレヒト戦以降、離脱しているスペイン人MFミケル・アルテタについて言及。「ジルーとアルテタはどちらも出場可能だ。どれぐらいコンディションが整っているかの問題は残っているが、彼らは出場可能だよ」と、マンチェスター・U戦で復帰できると明かした。

 そしてジルーについて「スケジュールより3~4週間も(復帰が)早い。当初は、来年の始め頃に復帰を予定していたから、彼は1カ月もはやかったね」と早期復帰を果たしたことを語ると、「ジルーが復帰し、ウォルコットも復帰している。少しづつだが、また彼らはチームに溶け込んでくる。そして違ったオプションを与えてくれるよ」と同選手の復帰がチームにとって好材料になるとコメントしている。

 また、ヴェンゲル監督は、同じく離脱中となっているフランス代表のDFローラン・コシールニーとDFマテュー・ドゥビュシーが、12月には復帰する見込だと明言した。

「コシールニーとドゥビュシーは、良くやっている。彼らはフィールドワークに戻っている。まだチーム練習には3週間ほどかかるだろう。そのあとはフィットネスの問題だ」

「ドゥビュシーは、(左足首のじん帯)炎症ではなく、再建手術だった。コシールニーはトレーニングの様子次第だが、現時点では良さそうだ」

 なお、ドイツ代表MFメスト・エジルについては、「エジルも良く取り組んでいるが、年内に復帰することはないだろう」と語っており、来年の復帰が見込まれている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る