2014.11.14

プレミアで300試合以上出場するもイングランド代表歴のない選手たち

ノーラン
ウェストハムに所属するケヴィン・ノーラン [写真]=VI-Images via Getty Images

 今シーズンのプレミアリーグ第11節を終えて4位と健闘しているウェストハムで主将を務めるMFケヴィン・ノーランが、イングランド代表出場経験の無い選手で、プレミアリーグに最も出場している選手であることが明らかとなった。13日のイギリス紙『デイリーメール』などが報じている。

 32歳のノーランは、ウェストハムのサム・アラダイス監督と強い師弟関係で結ばれており、キャリアのほとんどを同監督とともに過ごし、攻撃的MFとして監督の戦術をピッチ上で具現化してきた。だが、イングランド代表の同ポジションには常に優勝争いをする上位クラブの選手が選ばれてきたため、ノーランはこれまでにプレミアリーグ通算375試合に出場するも、一度も代表に招集されたことが無い。

 ノーランに続く同様のキャリアを歩んだ選手には、同リーグで通算363試合に出場した元トッテナムのDFクリス・ペリー、通算351試合に出場した元エヴァートンのDFスティーヴ・ワトソン、329試合に出場し現役生活16年間をサウサンプトンでプレーしたDFジェイソン・ドッドらがいる。同番付で5位に入った元エヴァートンのFWケヴィン・キャンベルに至っては、通算325試合で100ゴール以上を記録したが代表に招集されたことはなかった。

 なお、現在同ランキング6位のバーンリーに所属するMFマシュー・テイラーは、今シーズン中に歴代3位まで浮上する可能性がある。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る