2014.11.12

エヴァートンMFバリーが足首のじん帯負傷で離脱…クラブ発表

サンダーランド戦の試合中に負傷したバリー(右)  [写真]=Getty Images

 エヴァートンは11日に、MFギャレス・バリーが足首のじん帯を負傷し離脱を強いられると、クラブ公式サイトで発表した。

 バリーは、9日に行われたプレミアリーグ第11節のサンダーランド戦で、開始13分にMFジョルディ・ゴメスに足を踏まれて負傷し、途中交代となっていた。

 同サイトによると、バリーはその後病院へ直行し検査を受けたが、骨折はないと診断された。しかし、足首がひどく腫れており、最終的にはエヴァートンのメディカルチームが、じん帯を負傷しているとの診断結果を出している。

 エヴァートンは、同選手の離脱期間を判断するのはまだ早いとし、「数カ月というよりも数週間で済むことを願う」とだけ発表した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る