2014.11.08

サンダーランドが迷走?…過去2季のチーム得点王はオウンゴール

サンダーランド
昨シーズンのウェストハム戦でオウンゴールを喫したサンダーランド [写真]=Getty Images

 プレミアリーグで今シーズン10節を終えて15位と不振気味のサンダーランドで、昨シーズンから集計した通算得点ランキングで10ゴールとトップに立っているのが「オウンゴール」であることが明らかとなった。7日のイギリス紙『デイリーミラー』などが報じた。

 2013-14シーズン開幕から今シーズンの第10節が終わるまでに集計された通算ゴール数では、自陣へのオウンゴールが10ゴールで首位に立っており、元イングランド代表MFアダム・ジョンソンが9得点、スコットランド代表FWスティーヴン・フレッチャーが7得点で追いかけている。

 この記録は現在プレミアリーグでも最低となっているが、同じく今シーズン7位と不振気味のリヴァプールがオウンゴール7点で2位につけている。リヴァプールは昨シーズン、スロヴァキア代表DFマルティン・シュクルテルがプレミアリーグ史上最多4点のオウンゴールを記録した。

 なお、同リーグで歴代最多10点のオウンゴールを記録しているのは、今シーズンもすでに1点オウンゴールを決めたQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)の元アイルランド代表DFリチャード・ダンとなっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る