FOLLOW US

GK補強目指すリヴァプール、メキシコ代表のオチョア獲得で合意か

リヴァプール移籍が報じられたGKオチョア [写真]=Getty Images

 リヴァプールが、マラガ所属のメキシコ代表GKギジェルモ・オチョアの獲得に動いている。イギリス紙『メトロ』やスペイン紙『マルカ』など複数メディアが6日に報じた。

 報道によると、リヴァプールのブレンダン・ロジャーズ監督はベルギー代表GKシモン・ミニョレのパフォーマンスに不満を抱いており、より質の高いGK獲得を望んでいる。同監督は先週にオチョア側と接触。マラガも同選手の売却には前向きな姿勢を見せていて、移籍金500万ポンド(約9億1000万円)での放出で合意したと報じられている。今冬の移籍市場での移籍成立の準備は整っている模様だ。

 オチョアは1985年生まれの29歳。メキシコのクラブ・アメリカを経て、2011年からアジャクシオに所属していた。ブラジル・ワールドカップでは4試合に出場し、マン・オブ・ザ・マッチに2度選出されるなど、好プレーを披露。大会終了後にマラガと3年契約を結んだが、リーガ・エスパニョーラ第10節を終えた時点で出場機会を得ていない。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA