2014.11.03

ウォルコットの復帰にヴェンゲル監督「しっかりと管理したい」

ウォルコット
バーンリー戦に途中出場したウォルコット [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 アーセナルを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、イングランド代表FWセオ・ウォルコットの復帰についてコメントした。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ウォルコットは、1月4日に行われたトッテナムとのFAカップ4回戦で左ひざの前十字じん帯を負傷。その後、長いリハビリ生活を乗り越え、1日に行われたプレミアリーグ第10節のバーンリー戦で復帰を果たした。

 同選手について、ヴェンゲル監督は「我々は注意深く見守らなければならない。9〜10カ月も離脱していたんだ。戦いはまだ終わっていない。しっかりと管理していく必要がある」と語った。

 また、ヴェンゲル監督はイングランド代表でのプレーについても言及。「トレーニングをして少しだけ試合に出場するなら、ウォルコットの助けになるだろう。私自身はまだ早いと思うが、チームに加わるのは彼にとって良いことだ」と述べていた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る