2014.10.31

ニューカッスル指揮官、マンC撃破で「勢いを続けることが重要」

パーデュー
リヴァプール戦に気持ちを切り替えるパーデュー監督 [写真]=Newcastle United via Getty Images

 ニューカッスルを率いるアラン・パーデュー監督が、29日に行われたキャピタル・ワン・カップ4回戦のマンチェスター・C戦を振り返った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が同監督のコメントを伝えた。



 ニューカッスルは6分、U-20イングランド代表FWロランド・アーロンズのゴールで先制すると、76分にはフランス代表MFムサ・シソコが追加点を挙げて2-0で勝利している。

 昨シーズンのキャピタル・ワン・カップを制したマンチェスター・Cから金星を上げたパーデュー監督は、この勢いを今後も持続させたいと語った。

「リーグ戦で勝利を取り戻した選手たちは、闘志を燃やしていた。そして、今夜は仕事を達成した。だが、重要なことは今後も今の勢いを続けることなんだ」

「(11月1日に行われるプレミアリーグ第10節の)リヴァプール戦のために、我々は一部の選手に休息を与えた。彼らのプレーが楽しみだ。とはいえ、我々は先を見据えて試合に臨んでいるわけではない。目の前の試合に集中していたからこそ、先週と同様に勝利を手にしたんだ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る