2014.10.30

正GKのレギュラー剥奪を示唆するポジェ監督「問題が生じている」

ヴィト・マンノーネ
パフォーマンスが疑問視されているGKマンノーネ [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 サンダーランドを率いるグスタボ・ポジェ監督が、同クラブで正GKを務めるイタリア人GKヴィト・マンノーネのレギュラー剥奪を示唆していると、イギリスメディア『スカイ・スポーツ』が報じている。

 前々節のサウサンプトン戦で屈辱的な8失点を喫したサンダーランドは、直近のアーセナル戦でも元イングランド代表DFウェズ・ブラウンと、マンノーネの軽率なミスから2失点し、リーグ戦2連敗。

 ポジェ監督は、低調な守備陣に引きずられるように不安定なパフォーマンスが続く守護神を見切り、今夏にマンチェスター・Cから加入したルーマニア代表GKコステル・パンティリモンを次節のクリスタル・パレス戦で起用する可能性を示唆した。

「通常、私はチームが酷い試合をしただけでGKを変えることはない。また、GKや監督、エースストライカーというポジションは、ある程度ミスを許容されるべきものである。だが、それが2試合連続で続いた場合、彼(マンノーネ)のパフォーマンスに問題が生じていると考えるべきだろう」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る