FOLLOW US

スウォンジー戦で決勝ゴールのロヴレン「素晴らしい気分だ」

試合終了間際に決勝点を決めたロヴレン(左)[写真]=Getty Images

 リヴァプールのクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンは、28日に行われたキャピタル・ワン・カップ4回戦のスウォンジー戦で決勝ゴールを奪ったことを振り返った。クラブ公式サイトが29日に伝えている。

 ロヴレンは、1-1で迎えた後半アディショナルタイム5分、FKの流れからブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが上げたクロスにゴール前で合わせてヘディングシュートを流し込み、リヴァプールの5回戦進出に貢献した。ロヴレンは試合後、次のように決勝ゴールを振り返っている。

「素晴らしい気分だったよ。試合終了間際に得点することは素晴らしい感覚になるね。僕たちは勝利に値する内容を見せていた。安心したよ。スタッツを見たら、相手の枠内シュートは5本だけだったからね」

 ロヴレンは勝利を喜びながらも、今後の試合に向けて気を引き締めた。

「これからタフな試合が続く。ニューカッスル戦やレアル・マドリード戦、チェルシー戦だ。やるべきことはわかっている。僕たちは自分たちのプレーを披露しなければならない」

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO